2017/6/19 臍帯炎の手術


臍が腫れていると診療依頼があった。臍帯炎と診断し、抗生物質を数日投与の後、臍帯炎の手術を行った。今回の臍帯炎は実際には臍静脈炎であり、写真1のように腹腔内に臍帯炎の罹患部は達していた。摘出した罹患部を切開すると、膿瘍を認めた。やはり手術した方が治癒には早かったものと考えられた。


写真1 摘出した臍帯炎の罹患部の外貌


写真2 罹患部の縦切開像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*