2017/6/2 両後肢のナックル整復


泌乳最盛期で両後肢がナックルになってしまったと診療依頼があった。超音波画像診断装置で下腿筋の損傷がないこと及び神経学的検査の結果から両後肢の総腓骨神経麻痺と診断した。

写真1, 2のように処置を行った。2週間後にBOS副木およびギプスを除去予定。治るかどうか楽しみだ。右後肢はその時の様子で治療を検討予定だ。

写真1. 両後肢の重度なナックル姿勢。

写真2. BOS副木にて整復後の左後肢。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*